2018-11-21
Breaking News

相談することの大切さ

仕事を進める上で、相談することは大切です。
例えば上司は自分の持っていない権限や情報を持っているので、上司から適切な指導が得られて問題が解決することはよくありますよね。
自分の判断だけではうまくいかなかったことでも、他の人の判断を仰ぐことでうまくいくこともあります。
また上司とのコミュニケーションを円滑にする効果があるので、上司との関係をより良いすることができます。
部下から信頼されているという感情を上司が持つことで、自分への感情も良くなるという相乗効果も期待できますね。
また、相談することが情報交換にもなるので、お互いに仕事の全体像が掴みやすくなるといった効果もあります。
相手が同僚の場合も相談は有効で、これを機会に情報交換しておくのも良いですよね。
同僚の情報はなかなか得られないので、同僚の現状を知ることが自分への刺激になるでしょう。
しかし、相手の都合を考えずに一方的な相談はしてはいけません。
たとえ相手が誰であっても、アポイントメントを事前にとってから行いましょう。
そうすることで、相手の時間を使っていることを認識できるので必要なことを簡潔に伝えることができます。
また、自分が相談相手になる場合も考えられますよね。
その場合には、相手のことを真摯に考えて対応することが大切です。
いい加減に対応した場合、相手から良く思われることはなく、印象が悪くなるだけですよね。
どうしても対応できない場合は、その理由をきちんと伝えることが大切で、相手からのアクションを無視するのは良くありません。
誰に対しても真摯に対応するからこそ、自分の相談も親身になってくれるのではないでしょうか。